アクネ菌の繁殖

ニキビができる一番大きな原因としてあげられるのが「アクネ菌」です。
アクネ菌とは、皮膚を弱酸性に保ち、他の病原菌の繁殖を抑えるという性質を持った菌で、肌にとって欠かせない存在です。アクネ菌は皮脂を栄養として繁殖するのが特徴で、皮脂腺(毛穴にある、皮脂を分泌する細胞のことをさします)の周辺にはアクネ菌がたくさん住んでいます。

そもそもアクネ菌とは、病原菌ではなく誰の顔にでもいる常在菌です。当然、ニキビがない人の顔にもアクネ菌は存在しています。つまりアクネ菌がいる=ニキビができるというわけではありません。

では、何故肌に欠かせないはずのアクネ菌がにきびの原因と呼ばれているのでしょうか?

それは、アクネ菌が、毛穴が詰まった状態の肌や皮脂が多くなった場所にたくさん集まってしまうという特徴をもっているためです。そして、皮脂によって大量に繁殖してしまうことが、ニキビの原因につながると考えられています。

また、赤ニキビはアクネ菌が棲みついている証拠です。この状態を放置すると毛穴の中で皮脂とアクネ菌が増え、毛穴を壊してしまい、ニキビ跡が肌に残ってしまいます。なので、そうなる前にきちんとしたケアを行うことが大事です。

適度なら脅威になりませんが、皮脂によって増えすぎてしまったアクネ菌はニキビの元です。
では増えすぎてしまったアクネ菌はどうすればいいのか?
アクネ菌に対する一番の対処法は、洗顔です。
アクネ菌は皮脂を栄養としているので、その皮脂を無駄に分泌させないよう、1日2〜3回くらいは洗顔しましょう。朝、昼、夜。そして外出して汗をかいて帰ってきた際などは必ず洗いましょう。夏場は特にアクネ菌が繁殖しやすい季節です。

また、塗り薬などでアクネ菌を減らすこともできますので、皮脂が異常に多い方は一度薬局や専門医に相談してみるのもいいかとおもいます。