ニキビとおできの違い

セルフケアをしてもまったく治る気配のないニキビは、ニキビではなく「おでき」「めんちょう」などの可能性があります。

よく間違えられるのがおできで、額などの固い部分にできるものを「めんちょう」と呼ばれます。にきびの悪化したひどいもの、とかん違いされがちですが、にきびとは別のもので、膿んで大きく赤く腫れあがり、触ると痛いのが特徴です。ニキビと同様、もちろん自分でつぶしてはいけません。だいたい1週間くらいで自然に破裂して治まりますが、もし長引いた場合は皮膚科で抗生物質などを処方してもらってもよいでしょう。

毛穴の病気は他にもいろいろあります。腕やフェイスラインに小さなブツブツが密集してできる「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」は、俗にさめ肌や鳥肌とも呼ばれ、肌が乾燥しがちな秋から冬にかけてよく見られる症状です。このブツブツは毛穴にでき、角栓も見られますが、年齢を重ねると症状が軽くなる傾向があります。

「汗管腫」は汗の穴にできる小さな水泡のような腫瘍です。目の周りによく見られ、肌と同じ色か、やや褐色がかっています。無理につめでほじくって取ろうとしてはいけません。
取り除くには、皮膚科での治療が必要です。なんだかいつものニキビと違うな…と感じたら、自己判断で対処せず、きちんと皮膚科に行きましょう。