生理とニキビの関係!

生理が始まる前の2週間って、なんだか肌の調子がよくありませんよね?
お化粧のノリが悪かったり、乳液を塗っても粉がふいてしまったり、毛穴がべとついてニキビが出来てしまったり…

じつは、ニキビは女性ホルモンと密接な関係にあります。

生理前は皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるため、肌がオイリー傾向になり、毛穴がつまりやすく角栓ができやすくなります。
そして生理が始まると、皮脂の分泌量はピークに達し、毛穴がひらいたり、ニキビが急に悪化したりするのです。

生理中にニキビが悪化するのは、免疫力が低下して細菌に感染しやすくなっているためでもあります。また生理が2日目になると、プロゲステロンの代わりにエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になり、皮脂も落ち着き毛穴も締まってきます。

エストロゲンとは肌のターンオーバーのリズムを整え、美しく保つ効果の高いホルモンです。
そして生理開始から数えて7日目〜14日目の間は、エストロゲンが上昇する時期で、肌の調子がもっともよい時期になります。

しかし排卵を迎えると、次の生理までの間またプロゲステロンが優位になり、肌がアブラっぽくなったりにきびができ始めたり、と毛穴まわりが騒々しくなってきます。

このように、女性ホルモンのリズムと肌、毛穴の変化はつねにリンクしているのです。
このサイクルを理解しておくことによって、毛穴ケアやにきび対策も行ないやすく、無駄に悩むこともなくなるでしょう。