紫外線とニキビの関係

かんかんと照りつける太陽の下、まさか何も塗っていない素肌の状態で外を出歩いたりしていませんよね?

大体の方はご存知かとおもいますが、太陽光には紫外線というものが含まれています。紫外線(UV)とは、太陽光に含まれる目に見えない光成分のことで、波長が短く強いエネルギーを持っており、あたるだけで人間の肌に悪い影響を及ぼします。日焼けによるしみ、そばかすなどの色素沈着、さらには皮膚がんの原因の一つにもなっているといわれていますが、もちろん、ニキビについても例外ではありません。

ニキビは毛穴に溜まった皮脂や角質が原因で発症しますが、それには「活性酸素」というものが大きくかかわってきます。ニキビはからだの中と外からの活性酸素によって発症、悪化するいわゆる活性酸素病なのです。そして紫外線も活性酸素を生じるため、できたにきびが紫外線を受けると炎症を起こして赤にきびへと発展していまう可能性も出てきます。

またアクネ菌は紫外線で増殖する性質を持っているほか、ポルフィリンという毒素を産出するため、さらにニキビが悪化してしまうそうです。

夏場は特に日差しが厳しいので、外出時には、必ず日焼け止めを塗りましょう。
最近では化粧下地と日焼け止めが一緒になっているものもありますね。私が使用しているのはオルビスサンスクリーンですが、これは肌に馴染むようなクリーム色をしていてファンデーション代わりにもなるし、とても重宝してくれています。