白ニキビと黒ニキビ

一口にニキビといっても、さまざまな種類のニキビがあります。また、その症状も多彩で、軽いものから重いものまであります。

ここではまだ炎症を起こしていない「白ニキビ」「黒ニキビ」について解説していこうとおもいます。

まず白ニキビ。これはニキビが出来る一番最初の段階です。たまった膿が皮脂が透けて見える状態をさします。古い角質などが毛穴にたまることをコメドと呼ぶのですが、このコメド状態を以下に回避するかが、ニキビケアのポイントになってきます。白ニキビの段階で治すことができれば、痕になる危険性もなく、綺麗な状態に比較的すぐ戻れるでしょう。

次に黒ニキビですが、これは、白ニキビの進化形です。皮脂が空気に触れて酸化し、ほこりや汚れなどを吸着して毛穴の表面が黒く見えるものです。白ニキビと違って黒ニキビは毛穴が開いた状態になっています。鼻の頭や頬に目立ってできることが多いです。白にきびも黒にきびも、まだこの段階では炎症を起こしていませんが、ケアを怠ると、炎症を伴う赤ニキビへ進行してしまうので注意してください。きちんとしたスキンケアにこころがけ、にきびの悪化を未然に防ぎましょう。